2007年02月25日

予備を持つという事・・・

 誰もが何気なく持っている物の予備には、当然予備という意識は少ないものの、フライやリーダーなどがあると思われるが他はどうだろうか?「さて〜!今日はどんな魚に会えるかな〜」とウキウキ気分で川を眺めながら準備していざ出陣という矢先にアクシデント!!車に立てかけてあったロッドが倒れているのに気付かずうっかり車のドアを閉めてしまった!!・・・無残に折れたロッドティップを眺めて気分はどん底ブルー・・・なんてゆうような似たアクシデントは無いだろうか?もし予備ロッドがあれば家から数十キロも離れた釣り場から泣く泣く帰ることもないわけだが、万が一のアクシデントに備えてタックルの予備を持つことを薦めるし、これからFF始める人は今後のタックルを揃える時の予算計画の中にも盛り込んでおいた方が良いと思う。予備の揃え方にも色々あると思うが一番出番の多い番手。例えば♯4〜5番8ft前後の2ピースが1本目なら次は♯4〜5番のパックロッドにするとか・・・パックロッド不要なら同番手の7ft半にするとか・・・。いずれは4〜5本位は所持することになると思うが、徐々に検討してゆけばよい。リールもできれば2〜3個あるとなんとか助かる。落としたりぶつけたりしてフレームがゆがんだりすると大変である。ウェーディングシューズもある程度フェルト減ってきたら2足あると助かる。フェルトの張替えもすぐというわけにもいかないだろうから・・・。それとシューズを交互に履くと比較的長持ちするように個人的には感じている。シューズの紐も予備に一組持っておくべきだろう。山奥で切れてしまっては歩行も不安定。長めの物であれば途中で結ぶ事も可能だが短めの紐はちょっと辛い。時と場合によってはその他にも流用できる場合もあるだろう。何かを縛るとか・・・。ウェーダーを2着は予算的にはちょっと辛いが、メーカーに修理依頼などしてしまうともしかしたら結構日数かかるかもしれない。予算的になんとか出来そうなら考えれば良いと思う。他でも述べたが軽く食糧の予備もあれば、万が一は助かる。動けない状況になった時の空腹は辛いだろうから。何事も予備があれば一安心ではあるが一つ気をつけなければならない事がある。時々聞く車上荒らしである。施錠(ロック)のし忘れはこちらにも非があるが、悪質になるとガラスを割られる時もあるらしいから、そうなったらどうしようもない。であるから予備は最低限としあまり高価なものは置いていかないか、叉は外から見えないようにするしか手は無い。幸い自分は無いが一応あまり高価な物は置かないようにしている。ロッド2本持参がカーボンとバンブーの場合はバンブーを使用し、カーボンを予備にするなど万が一には備えているつもりである。
posted by clubritz at 01:24| カネさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。