2006年02月11日

早春の渓はどう釣る?

解禁直後のカネさんの釣りはここ十数年あわてず騒がずで、まずは本流近辺のお散歩がメインとなっている。 上流部はまだまだ残雪が多く、エッサマンが右往左往しているようなので4月〜6月後半くらいまでは本流のパワー・ウェットが主である。 狙いは体高バリバリの本流ヤマメ・・・運がよければ2尺ヤマメにもお目にかかれるが、2尺ヤマメ(サクラ鱒)は解禁が6月1日からなので、万が一お会いできた人は記念写真くらいは撮ってリリースしてあげましょう。 ということで早春の渓は正直なところほとんど狙っていないのでなんとも言えません。 ・・・が、どうしてもとなるとドライまたはニンフに限らず、

1.日あたりのよい里川を探す。

まずはこれが最優先となるでしょう。 ポカポカ陽気で無風にでもなってくれればトロ場でライズが見られればドライでも反応してくれるかもしれない。 あとは、魚の反応が鈍いようであれば、

2.ニンフの釣りをする。 

水温がなかなか上がらないこの時期は、魚も底にへばりついて動かない ・・・であればもう口元までニンフを送り込んであげるしかない。 私は本流の釣りが一息ついた6月後半以降から渓上流部に入り始めるが、7月一杯まではベストからニンフボックスが離れることはない。 いくら季節がよくても、やはり水温低下や他の釣り師に先行されたらしい時などは魚の目が水面上に向いていない時は水面下に的を絞り、ニンフを頻繁に出動させては魚とご対面を果たしている。 一般的に1、2を問わず春の渓は日あたりがよく、水温が少しでも上がるであろう時間帯(日によるかもしれないがAM10時半すぎかな・・・)から狙い始めるのが無難なところであると思う。 渓流でのウェットの釣りはまだ取り組んでいないのでこれからの宿題(ソフトハックル系が主になるかな?)。 春先を得意とするフライマンは意外と少ないかもね・・・。 そうでもないよと言う人がいれば何かアドバイスを・・・

spring_river.jpg

2月 春まだ遠い・・・秋田の里川



posted by clubritz at 01:24| カネさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。